第4回放射線ホルミシス講演会

2011年9月 9日
09/09 第4回放射線ホルミシス講演会

7月24日、113名の参加者が集まり、第4回放射線ホルミシス講演会が東京理科大学で開催されました。

代表理事の川嶋朗先生の挨拶でスタートし、今回の特別講演として午前中は石田健二先生には「放射線ホルミシスとの出会い」と馬替純二先生の「老化と放射線ホルミシス」、午後には名古屋大学名誉教授飯田孝夫先生に「ラドンの計測について」講演を頂きました。また、午後には恒例の服部禎男先生、小島周二先生には「放射線の光と影」について講演を頂きました。

休憩をはさんで学術委員の富永先生より「不妊症に対するホルミシス効果」の症例発表があった後に、会場の参加者からの質疑に応答(座長川嶋先生のもと水上先生、足立先生、高良先生、富永先生、小島先生が応答)するかたちで活発なディスカッションが終了時間目一杯まで繰り広げられ、閉会となりました。

今回は講演会終了後に別会場にて会員の方も参加して先生方との意見交流会が行われました。こちらでも活発な意見交換があり、充実した時間が経過した後に散会となりました。

上部へ移動